育毛剤ってどんなもの?

育毛剤とは? その定義や発毛剤との違い

育毛剤は医薬部外品に分類される商品であり、頭皮の環境を改善することで健康的な髪の成長を促すことを目的とした商品を指します。ここでよく誤解されがちなのが「発毛剤=育毛剤」であるというもの。両者には商品の目的や法律面で明確な違いがあります。

前述したとおり、育毛剤が血行や頭皮環境の改善によって間接的に育毛促進を試みる医薬部外品であるのに対し、発毛剤は発毛に直接的な効果が認められた成分(ミノキシジル)を含む医薬品であることが挙げられます。

育毛剤は薄毛に悩む人だけのものではない

育毛剤と発毛剤は混同されがちで、どちらも「すでに薄毛や抜け毛に悩んでいる人が使うもの」という印象を抱いている人もいます。
しかし、育毛剤は抜け毛の予防にも繋がるため、将来的な薄毛・抜け毛に備えて使うことにも意味があります。
育毛剤にも種類があり商品ごとに目的が異なるため、どの商品を使うか選ぶ前に、まずは自分の体質・髪質・頭皮環境など、薄毛や抜け毛の原因となりうる要素を洗い出すことが重要です。

自身の頭皮環境や髪質を理解した上でどのような有効成分が必要なのかを考え、それに応じた商品選びをしましょう。
また、育毛剤は一度使えば安心という類の商品ではありません。そのため、継続して購入・使用できる価格帯のものか、一定期間使用した結果満足できなかった際に返金制度があるかといった側面で判断することもひとつのポイントです。

育毛剤は、医薬部外品に分類される商品です。

育毛剤に入っている有効成分が、頭皮の血行が良くなるように促したり、 頭皮に栄養を与えることで健康的な毛髪を育てることで、 頭皮の環境改善に役立つことが期待されます。 また、頭皮環境が改善されることでハリコシがあり、 抜けにくい健康的な毛髪へと導き、抜け毛や薄毛を予防する働きを持っています。

育毛剤といえば

育毛剤といえば、既に薄毛や抜け毛に悩んでいる人が使うもの。 という印象を持っている方が多いかもしれません。
しかし、育毛剤は抜け毛予防につながる為、抜け毛や薄毛に悩む方だけではなく、 将来的な抜け毛や薄毛を予防したい方も使用することができます。
どの育毛剤を使用するかは、商品を選ぶ前にまず、自分の薄毛の原因を把握することが非常に大切です。
原因が予想できたら、商品に入っている有効成分や、 価格、返金保証などの制度を確認して、自分にとって続けやすい商品を選択して購入しましょう。

育毛剤のおすすめの使用法

育毛剤を効果的に使用するためには、頭皮は綺麗な状態で使用するのがおすすめです。
毛穴が皮脂やホコリなどの汚れなどで塞がってしまっている状態では、 育毛成分が頭皮に届きにくくなってしまいます。
シャンプーで洗髪し、清潔なタオルでやさしく拭くことや、頭皮マッサージなどを行い、 頭皮環境を整えることも大切です。
予防法としても使用できるので、最近髪のボリュームが少なくなってきた、 ハリコシがなくなってきた。といった方も、抜け毛予防として育毛剤を試してみてはいかがでしょうか。